金融庁が仮想通貨のレバレッジを上限2倍に決定。日本は終わったのか

2020年1月に金融庁が暗号資産のレバレッジ取引の倍率を上限2倍にする方針を固めました。
暗号資産とレバレッジ取引の特徴をもとに、この決断が日本の産業に与える影響を説明します。

■アンゴロウ億万長者研究サイト
ビットコインが当たるイベント、クジラウォッチチング、動画のお題指定などが楽しめます。
https://angorou.com/park/

■アンゴロウ公式ツイッター
https://twitter.com/hajihajilemon

関連記事

  1. 仮想通貨協会の平均年利80%システムはどれくらい稼いでいるか確認

  2. ソフトバンク倒産の裏話【OYOとインドネシア新首都へ投資】日経平均大暴…

  3. 松本人志さんや加藤さんの吉本問題で隠された「世界の5つの大事件」とは【…

  4. 【仮想通貨】リップル(XRP)2020年に1万円を突破する可能性

  5. 中国がブロックチェーンに力を入れると言ってビットコイン爆上げ

  6. XRPアルファ(リップルアルファ)のICOが開始。投資すべきか検証

  7. 【仮想通貨】リップル(XRP)中央銀行で導入を開始

  8. SBI VCTradeで板取引が開始。使ってみた感想と意見を言うよ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。