【USDJPY】米「軍事報復しない」チャートは波乱の展開

ドル円のマクロ分析も併せてご参照下さい
https://youtu.be/3KFoNKBDbD0

💡 Fundamentals

✅ イランが駐留米軍基地をミサイル攻撃、人的被害なし
✅ イラン「米国が反撃しなければ、攻撃を継続しない」
✅ 米国「軍事的報復せず、新たな経済制裁を科す」「外交の用意はある」

両国ともに自制の態度を示唆したことで、
ソレイマニ司令官殺害を受け高まっていた緊張が緩和に向かいドルは上昇

軍事的報復は回避できたが、
バグダッド中心にある「グリーンゾーン」にロケット弾2発が着弾、
イラン空港から離陸直後のボーイング機墜落事故など、現時点で原因不明の事象が起きている。

👉 結論:両国間が直接的に対立を激化させるリスクは緩和されるも、司令官殺害を受けた間接的なリスクはくすぶっている。決して安心しきれない状況。
イラン軍事顧問デフガン氏も、報復は急がず「最も効果的な時期と内容で報復する」と警鐘していたが、今この問題を市場参加者ほど楽観視できない。

💡 SNS・MEDIA

🔽Twitter
https://twitter.com/Mido_yuiya

🔽TradingView
https://jp.tradingview.com/u/Mido_yuiya/

🔽みんなの仮想通貨
https://cc.minkabu.jp/column/author/16

👉 YouTubeは基本的に月曜~金曜の内、不定期配信
👉値動きの教科書を作る」目的の一環に、値動きに一極集中した相場分析を配信しています

関連記事

  1. 【想いは届く】人に本気の想いを伝えよう。

  2. 【衝撃】ソフトバンクに、ロシアのスパイが接触【株価への影響は?】

  3. ビットコインは5000ドルまで暴落?【半減期とビットコインクジラと月足…

  4. 【仮想通貨】ビットコイン130万円突破!ただ、暴落も間近・・・?【暗号…

  5. 中東情勢がもっとヤバくなった【イラクとトルコで大事件発生】マイクロソフ…

  6. FXや株の初心者は、「直感を無視」すべき心理学的な理由【ロスカットや利…

  7. トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドをショートで爆益!トレードの…

  8. 【FX】クロス円全て【崩れにくい地合い】だが、一貫して【トレンド転換は…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。